介護職員中田絵美

ホーム > 先輩紹介 > 介護職員 中田絵美

介護福祉士 田中絵美 日々、「ありがとう」と言っていただけることが何よりもやりがいです。
24才 新卒入社 介護職員

仕事内容

食事・排泄・入浴など、日々の生活で行われる動作にたいして、不自由な部分をお手伝いしています。
ユニット1つに職員4名でチームを組み、ご利用者 9名~10名を援助します。
毎日ご利用者の体調や状況は違うので、ケース記録という業務日誌の内容に合わせて一日の仕事を組み立てていきます。
おむつの付け方ひとつにしても、手を抜いてしまうとはみ出てしまったりと、ご利用者だけでなく次の職員にも迷惑をかけてしまいます。

そのため、常に緊張感を持って仕事に臨むよう心掛けています。クリスマスや節分など、季節毎のイベントを盛り上げたり、月に一回お茶会を開いたりと、日常を一緒に楽しむことも大切なお仕事。
お誕生日にはご本人の希望を聞いて、みんなでケーキを作ったりして楽しんでいます。

仕事のやりがい

日々、「ありがとう」と言っていただけることが何よりもやりがいです。
一番心に残っているのは、私が一年目の時に出会ったご利用者です。認知症がなく、先輩からは「慣れるまで時間がかかる、少し難しい方だよ」と聞いていました。最初は私も緊張しながら接していましたが、常に心がけていたのは気持ちを聞くこと。
「あれして、これして」と一方的に押し付けるのではなく「あれはどう?これは?」と、問いかけるようにしていました。また、細かな情報をしっかり頭に入れて、好きな物や嫌いなものを覚えておく様にしました。
そんな時にふと、その方から「みんな、家族だよね」と私におっしゃってくださった時に、すごくうれしかった事を鮮明に覚えています。

入社のきっかけ

就職活動を始めた時はほなみ会の事は知りませんでした。就職説明会の中で複数法人がある中で、ほなみ会と出会えたことは運命だったと思います。
そこで出会った人事担当の方に、「ほなみ会は上下関係がなく、逆ピラミッドなんです」
「ご利用者はもちろん大事だけど、そこで働く職員も同じくらい大事にする」
と言われたことがすごく心に残り、施設見学に行こうと決めました。
実際に訪れると、暖かい雰囲気と家族のような職場環境がイメージ通りでした。当時の私が一番気になったのは、働いている職員の方の顔色。皆生き生きとしていて、10代から70代までの3世代の職場でも壁が無いように感じました。
実際に入職した今でもそれは変わりません。長く働く上で大事な人間関係が、ほなみ会の一番の魅力です。

後輩へのメッセージ

就職説明会の場では、多くの企業や法人に出会うことができます。
ぜひ多くの企業・法人を見て、研究してほしいです。そして、実際に職場を訪れてその目で確かめてください。

自分の気持ちを何度でもまっすぐ伝えることも大切だと思います。なぜ自分がここで働きたいと思ったのか、しっかり伝えられるくらい企業・法人のことを知ってください。
そして、自分のことを覚えてもらい一緒に働きたい!と思ってもらう事が大事だと思います。

  • 介護職 小田木奈那実
  • 介護主任 中村祐也
  • ケアワーカー 櫻井由美
  • ケアワーカー 菅谷里実
  • 介護支援専門員 ケアマネージャー 松田和久
  • 介護福祉士 下山麻美
  • 介護福祉士 田中絵美
  • 作業療法士 鈴木ちひろ

募集要項エントリー