ホーム > 施設案内 > 特別養護老人ホーム 南風 > 2階チーム紹介

2階チーム紹介

特別老後老人ホーム南風 2階チーム チーム名なずな、すずしろ

2階は「なずな」と「すずしろ」という2つのユニットから成り立っています。入居されている方を中心に、楽しい生活の場、職員にとっても楽しい職場作りを目指しています。

2階チームについて

2階は「なずな」と「すずしろ」という2つのユニットから成り立っています。でも、みんな覚えにくいらしく、「2階のあっち」とか「2階のこっち」と呼んでいます。

2階では、身のまわりのことが概ね自分でできる方や、生活全般に介助を要する方が暮らしています。身体状況が異なっているため、入居者たちの要望も多種多様であり、私たちが行う援助内容も多岐にわたっています。

私たちは援助の基本として、「ここで暮らしている方々とご家族の共に過ごす時間を大切にする」という思いをもっています。そこで私たちは、ご家族が共に参加できる活動をたくさん計画しています。たとえば、外出が可能なお年寄りには、ご家族同行の遠足を実施したり、外出が難しい方には、ご家族との昼食会を設けて水入らずの時間を提供しています。

また2階では数名の方々が終末期ケアを受けています。特別養護老人ホームは医療施設ではないので、多くの制約のなかで介護・看護に当たらなければなりません。これが可能なのも、夜間もふくめて快く来訪してくれる嘱託医の存在、介護職と看護職の連携と協力、そして私たちの方法に理解を示してくれるご家族がいるからです。

スタッフの力は微力です。入居している方々、ご家族、ボランティアや地元のみなさま、そして職員が共にケア・チームを形成し、すべての人の「その人らしさ」を実現しようと頑張っています。これからも入居者たちの笑顔を中心に、楽しい生活の場、仕事の場を作っていきたいと思います。

2階の間取り図

  • 2階チーム
  • 3階チーム
  • 医療チーム

ページの先頭へ

   

施設案内

     

ほなみ会 RECURUITING SITE

わがまち倉松

理事長ブログ